はじめに

この界隈の人間で知らない人はいないサービスの1つに、GitHubがある。
素晴らしいサービスだが、無料で使える範囲には限りがあり、容量制限やプライベートリポジトリが使えないなどの制限がある。
そこで、今回は自分専用のgitサーバーを作ることにする。

インストール

インストール手順は、このリンクを参考にした。

sshでアクセスするだけだったら、git-coreがあれば十分。

$ sudo apt install git-core

sshで使ってみる

git用のユーザーは別に作っておく

# useradd -m gitで使うユーザー名
# passwd gitで使うユーザー名

ssh-copy-idでローカルの公開鍵を転送してこのユーザーにアクセスできるようにしておきましょう。

(ローカルのコンピュータで)
$ ssh-copy-id gitで使うユーザ名@yourremoteserver

試しに、gittestという名前のプロジェクトを作ってみましょう。
リモートサーバーに’gitで使うユーザー名’でログインし、空のディレクトリを作成します。

(リモートサーバーで)
$ cd ~
$ mkdir gittest.git
$ cd gittest.git
$ git init --bare

ローカルで作った/gittestというプロジェクトをpushしてみます。

(ローカルのコンピュータで)
$ mkdir gittest
$ cd gittest
$ git init
$ echo "hello world" > hello.md
$ git add hello.md
$ git commit -m "added hello.md"
$ git remote add origin ssh://gitで使うユーザー名@yourremoteserver/home/gitで使うユーザー名/gittest.git
$ git push origin master

これで無事リモートサーバーにpushされます。

クローンするには、

$ git clone gitで使うユーザー名@yourremoteserver:/home/gitで使うユーザー名/gittest.git

としてあげればよいです。

おわりに

これで自分専用のプライベートリポジトリの完成です。
容量を気にしなくていいのは使い道が広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください