はじめに

システムの情報やエラーなどを確認する際に,rootにメールを送ることがよくあると思います。
それを確認するためにいちいちログインするのは面倒なので,root宛に来たメールを普段使いのメールに転送する設定を行います。

# エイリアスの設定
/etc/aliasesに,以下のように記述すると,転送されます。

転送元: 転送先1 (, 転送先2...)
(例)
root: hogehoge (ルート宛のメールをユーザhogehogeに転送)
hogehoge: fugafuga@example.com  (ユーザhogehogeに来たメールをfugafuga@example.comに転送)

この後,

# newaliases

を実行すれば転送設定が完了です。

$ echo "This is content of test mail" | mail -s "Test" root

として,root宛にテストメールを送って,きちんと転送されているかチェックしましょう。

おわりに

ログをしっかり確認することは大事なので,普段使いのメールに転送すると便利です!

参考サイト

1
2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください